top

Building Rescue Systems of the Future
Disaster management is one of the most serious social issue which involves very large numbers of heterogeneous agents in the hostile environment.

The trigger for the RoboCup-Rescue project was the Great Hanshi-Awaji earthquake which hit Kobe City on the 17th of January 1995 causing more than 6500 casualties, destroying more than 80,000 wooden houses and directly or indirectly affecting more than 1 million people. The damage of all infrastructures was evaluated at more than 1 billion US dollars.
The lessons learnt from the Hanshin-Awaji earthquake concluded that information systems should be built with the following requirements:

Collection, accumulation, relay, selection, summarisation, and distribution of necessary information.
Prompt support for planning disaster mitigation, search and rescue.
Reliability and robustness of the system during routine and emergency operations.
Kobe EarthquakeGiven the above requirements, the intention of the RoboCup Rescue project is to promote research and development in this socially significant domain at various levels involving multi-agent team work coordination, physical robotic agents for search and rescue, information infrastructures, personal digital assistants, a standard simulator and decision support systems, evaluation benchmarks for rescue strategies and robotic systems that are all integrated into a comprehensive systems in future.

This problem introduces researchers advanced and interdisciplinary research themes. As AI/robotics research, for example, behavior strategy (e.g. multi-agent planning, realtime/anytime planning, heterogeneity of agents, robust planning, mixed-initiative planning) is a challenging problem. For disaster researchers, RoboCupRescue works as a standard basis in order to develop practical comprehensive simulators adding necessary disaster modules.

RobocupRescue initialtives are divided into two main strands:

The RoboCupRescue Simulation Project is an open resource of research results. This project is itself divided into two main strands, namely the Virtual Robots and the Agents Simulation projects which target various challenges that exist at the single robot level and the multi-agent system level.
The challenges for robots in the Real Robots project range from mechatronics for advanced locomotion over perception and planning up to providing full autonomy. The robots are evaluated in special test settings, the NIST rescue arenas.

A number of documents have been produced, describing simulators and other tools. However, more effort is required to bring all the documentation up to date either via the wiki or through written documents.

Simulator Descriptions
Simulator Manual – contains detailed descriptions of the simulator architecture. This is the base document upon which different versions of the simulator have been built. Needs updating to reflect latest communication protocols in v0.49 of the simulator.

ResQ Fire Simulator – sophisticated fire simulator used to simulate the spread of fire over buildings, taking into account building material, wind and other factors.

Traffic Simulator – determines how vehicles move around on single and double lanes. Also allows for one-way roads.

Map Configuration – shows how the map data is configured (to be used in displaying the map in a gui). It wil be useful to find conversion tools between this format and other GIS formats.

Rules – description of the rules for the 2006 rescue simulation competition.

乳酸菌

乳酸菌 – 属、ラクトバチルス、ロイコノストック、ペディオコッカス、ラクトコッカス、ストレプトコッカス、エンテロコッカス、テトラジェノコッカス、からが含ま細菌のグループ。

同様の生理学的特性を示すが、ビフィズス菌は、分類の点で、このグループに該当しません。

細菌の主な特徴は、彼らが人生の過程で砂糖を切断し、乳酸を生成することです。

乳酸菌の中で人間の病原微生物や動物を発見されました。

例えば、連鎖球菌は、咽頭炎、猩紅熱や肺炎などの気道の多くの疾患の主な原因物質です。

また、連鎖球菌は、中耳炎、髄膜炎、心内膜炎や虫歯を引き起こす可能性があります。

しかし、はるかに乳酸菌は、ヒトに有用です。

したがって、それらは、食品の製造において非常に重要な役割を果たし、そこにそれらは乳製品ではないだけです。

これらの微生物は、(時々、しかし、彼らは飲み物の品質を損なう)ザワークラウトや野菜、オリーブ、パン、ワイン、ビールの製造に関与し、魚や肉からの多くの料理の発酵されています。

それらによって作成された酸性の環境は、多くの病原体の増殖を防ぐのでによる乳酸菌の存在のために、食品は、消費のために長い適切な滞在することができます。

下部消化管に到達し、消化を回避する位置に書面で使用される場合はない乳酸菌の全ては、それらのほんの数ので、プロバイオティクスの特性を示すことができます。

ビフィズス菌と乳酸菌

プロバイオティクス文化の一部として、異なる細菌であってもよいです。

プロバイオティクス酵母ベースもあります。

しかし、プロバイオティクス文化や薬の中で最も一般的な微生物は乳酸菌(ラクトバチルス)およびビフィズス菌です。

ラクトバチルス属は、一般的に棒状た細菌の70以上の種を含みます。

彼らは、ほとんどの哺乳動物の腸に住んでいます。

これらの細菌は、グルコースの糖を分解し、乳酸を単離しました。

ラクトバチルス種の最も一般的な代表は、ラクトバチルス・ブレビス、L。カゼイ、Lアシドフィルス、Lプランタラム、Lファーメンタム、及びL.サリバリウスです。

胃腸管に加えて、乳酸菌は、歯、口、およびいくつかの他の器官に存在します。

乳酸桿菌はほとんど病原性ではないが、その生命活動は、虫歯の出現と関連しています。

しかし、主に乳酸桿菌腸内の有害な細菌の含有量を調節するために助けに保護的な役割を果たしています。

乳酸桿菌は、人間の生活の中で重要な役割を果たしている乳酸菌のグループの一部です。

生菌とは何ですか

有用な細菌調製物の作物に基づいて、微生物が生存可能でアクティブなまま腸に生菌を調製することができます。

このような製剤は、粉末、カプ​​セル剤またはチュアブル錠のサンプル液体または乾燥することができます。

細菌は確かに、彼らの文化の準備またはそれらを含む食品に生きてしなければならないプロバイオティクスの性質を持つことになります。

ラクトバチルス属またはビフィドバクテリウムに基づくプロバイオティクスするために、私は、腸または生物全体にプラスの効果を持つ機会があった、その組成中の細菌は、多くの特性を有するべきです。

したがって、腸のための生菌は、胃、消化酵素および胆汁酸の酸性環境に耐性でなければなりません。

その後、彼らは大腸に到達すると、粘膜に足掛かりを得るためにできるようになります。

これらの特性は、例えば、プロバイオティクス菌株ビフィドバクテリウム亜種のラクティスBB-12を持っています。

しかし、プロバイオティクス調製物または製品は、腸内の所望の位置を達成することができ、それらのかなりの数に細菌の十分な数を含むことが重要です。

まあ、面積は億のプロバイオティック生細菌の微生物が含まれている場合。

引用:おすすめ乳酸菌サプリメント・・・プロバイオティクスは、消化管を通じて通路に貢献するだけでなく、効果的に細菌の成長を助ける物質と組み合わせて使用​​することができます。

このような物質は、プレバイオティクスと呼ばれています。

ほとんどの場合、プレバイオティクスイヌリン及び他のポリマーの炭水化物として機能します。

善玉菌

細菌 – それは、おそらく地球上で最も一般的であり、古代の生き物です。

通常、人間よりも少ない数十倍で細菌細胞。海の水のミリリットルで細菌細胞の存在数百万であること、そして地球上の細菌の総質量は、植物や動物のバイオマスを超えることがあります。

同時に、あなたの新陳代謝の細菌は、多細胞生物から根本的に異なることができます。

これらは、メタンと硫化水素からのエネルギー生産に窒素固定から驚くべきことができてもよいです。

明らかにされた人間の活動の多くの球がある細菌の使用は例えば、ヒトへの有益な細菌は、私たちのワイン、酢、チーズ、ザワークラウトと醤油を生産する能力を与え、インスリンおよび他の薬、または発酵食品を生成することができます。

細菌は、燃料を生産し、有毒廃棄物や汚染に対処する上で役立ちます。

人間の体内で生菌の膨大な数。その数は、私たち自身の細胞の数を超えています。

成人の体は細菌4kgの最大とすることができます。

皮膚や粘膜に存在し、腸に住んでいるこれらの微生物のほとんどが、微生物。最も注目すべき腸のための有益な細菌。

これらには、乳酸菌やビフィズス菌を。彼らは、ビタミンを合成し、セルロースを消化するのを助ける病原体の数を調整し、私たちの免疫系の活性を刺激し、私たちの体内で重要な機能を果たします。

生物学や医学の発展をより効果的に私たちの消化と免疫力を助けることができます微生物の新しいラインを繁殖するために私達の細菌との共存の有益な特性を研究することができます。

繁殖および遺伝子工学の方法は、腸内でより良い消化と戦闘侵害を可能にする安全で健康的なプロバイオティクス製剤を作成することが可能となっている基づいて、乳酸菌やビフィズス菌の株を取得することができます。

このセクションでは、有用かつ有害なだけでなく、最もよく研​​究株BB-12ビフィズス菌の特徴と利点についてすることができます生菌、学ぶことができます。